ローヤルゼリーの魅力とは?
満足度の高い人気製品を実際に試してCHECK
製品の選び方などを説明します♪

ローヤルゼリーの向いている人と副作用

ローヤルゼリーは豊富な栄養素と多くの効能があり、いろいろな形で利用されています。
そんなローヤルゼリーがうってつけの人とは、どんな人でしょうか。

疲れがたまって体調を崩しやすい人、肌の調子が気になる人です。
含まれているビタミンBは疲労して溜まった乳酸を分解し、アミノ酸はコラーゲンの源になっています。
抗酸化作用のあるフラボノイドがアンチエイジングな肌へと導きます。

またローヤルゼリーは食べ物で、多様な栄養素と健康効果を実感できるものですが、薬ではありません。
なので、副作用といわれるものは当てはまらないことになります。

たまに、飲み始めてから、おしっこが黄色くなることがありますが、これは有効成分の中にビタミンBがあるせいになります。

ただし、ごく一部には体質的にローヤルゼリーが向いていない人がいます。
それはアレルギーを持っている人、妊娠・授乳期の女性、生後1歳未満の乳幼児です。
例えばハチミツアレルギー、喘息、アトピーなどがある人などが口にすると、ほっしんや目のかゆみ、鼻づまりなどが出やすくなります。
過去に蜂に刺されたことのある人も、摂取するのはお勧めしません。
まれにアナフラキシーショックを起こすことがあります。
他にワーファリンを処方されている方も飲用には向いていません。
血液凝固阻止作用が増強されることがあり、注意が必要です。
妊娠・授乳期の女性は、黄体ホルモンに影響が出る可能性があるので、お勧めしません。
1歳未満の乳幼児は、ハチミツの摂取を控える必要があるので、同様にローヤルゼリーも控えたほうが賢明ですね。

トップに戻る