ローヤルゼリーの魅力とは?
満足度の高い人気製品を実際に試してCHECK
製品の選び方などを説明します♪

類パロチンとアピシンとは

女王蜂の栄養であるローヤルゼリーに含まれている成分のうち、類パロチンとアピシンについて解説します。

人の体の中には、たくさんのホルモンがあります。
その中でも口中の唾液とともに出るホルモンで、成長ホルモンや若返りホルモンといわれているのが、パロチンです。
成長ホルモンの一種であるパロチンは、25歳を境に分泌量が減少していきます。
すると肌の新陳代謝が衰え、たるみやしわなど肌の老化がだんだんと目立つようになります。
体内でパロチンを多く生成するには、よく噛んで食事をすることやストレス解消が大切です。

また、パロチンと同じ働きをするものを類パロチンと呼んでいて、肌や細胞の活性化を進めてくれます。
ローヤルゼリーに含まれる類パロチンは、成長の終わった成人であっても、成長ホルモンの働きにより、肌のターンオーバーを促進して、内臓や筋肉も若返らせる効果が期待できます。
そして壊れた組織を修復する機能があり、細胞や骨、歯などの再生を助けてくれます。

またローヤルゼリーには、たくさんのタンパク質が含まれています。
アピシンは、その内で一番含有量の多いもので、肌の新陳代謝を活発にして、老化防止に役立ちます。

さらにデセン酸は、更年期障害の症状緩和、ビタミンやアミノ酸には美肌効果などの相乗効果を得ることができます。
ローヤルゼリーは化粧品の成分としても使われていますので、直接肌に塗ることでさらにその効果を発揮することができるでしょう。

トップに戻る