ローヤルゼリーの魅力とは?
満足度の高い人気製品を実際に試してCHECK
製品の選び方などを説明します♪

アセチルコリンとローヤルゼリーの関係

アセチルコリンは、人の副交感神経や運動神経の末端から放出される、神経伝達物質の代表格のビタミン物質です。
このアセチルコリンには、血管の拡張や発汗の他、消化器官の亢進など様々な生理作用があります。
アセチルコリンが不足すると、眠りが浅くなり、集中力ダウンにもつながります。
またアセチルコリン不足は、アルツハイマーの発症リスクが上がるとされています。

このように体内で重要な働きをするアセチルコリンは、卵黄や大豆製品、ナッツなどに含まれる「レシチン」と呼ばれる脂質を含む食品から体内で生成することができます。
けれど、体内で生成できる量はそれほど多いとはいえません。

一方、花粉を食べたミツバチが体内で生合成したローヤルゼリーには、良質なタンパク質やビタミン・ミネラルなどを含んでいます。
ローヤルゼリーに含まれているビタミンには、このアセチルコリンそのものが含まれています。
ただし、摂取してすぐ体内の神経物質として作用するのではなく、一度体が対応しやすい形に変化してからになります。
このアセチルコリンをローヤルゼリーから得ることで、人の副交感神経は正常化し、精神的なトラブルも軽減されます。

このようなアセチルコリンとローヤルゼリーの関係をまとめると、人にとって必要なアセチルコリンは、ローヤルゼリーを摂取することでアセチルコリンの補完につなげることができる、ということになります。

トップに戻る