ローヤルゼリーの魅力とは?
満足度の高い人気製品を実際に試してCHECK
製品の選び方などを説明します♪

マヌカハニーとローヤルゼリーの違いって何?

蜂が作り出す「蜂産品」には、はちみつとローヤルゼリーが健康食品としてすでによく知られています。
そしてもうひとつ、にわかに注目を集めており、かつ健康志向の強い人には密かに人気の高い「マヌカハニー」があります。

マヌカハニーは別名「最強のはちみつ」と称されているように、はちみつの一種です。
通常のはちみつと異なるのはその原料となる植物が「マヌカ」という樹木の花から作られているということです。
マヌカから作られるマヌカハニーにはメチルグリオキサールという独特の成分が含まれていますが、この成分が耐熱性の高い抗菌物質なのです。
つまりどういうことかというと、通常のはちみつがもつ抗菌性は加熱によって壊れてしまうものですが、マヌカハニーは加熱してもその抗菌性が失われにくいという特徴を持つ特別なはちみつであるということです。

はちみつは働き蜂が花や樹木の花粉を集めて巣の中で熟成させて作る自分たち(働き蜂)のための食糧です。
それに対してローヤルゼリーというのは女王蜂専用の食事として、非常に高い栄養価を誇るものです。
ローヤルゼリーの原料もハチミツと同じく草花の蜜なのですが、採取後にいったん体内に取り込み、働き蜂自身の持つ酵素を再合成したのちに体外へ再び排出し作り出します。
独特の酸味と黄身がかったどろりとした液体状の物質です。
非常に高い栄養価を誇り、はちみつ以上に健康食品としては高い効果が期待できるものなのです。

ただ、はちみつは普段の食事やデザートの材料として私たちの食生活には欠かせないもの。
同じはちみつであるならば、一般的なはちみつより少しお値段は張りますが、マヌカハニーを選ぶことをおすすめします。

トップに戻る