ローヤルゼリー画像

ローヤルゼリーのおいしい食べ方

生タイプのローヤルゼリーは健康な方ですと一回に食べるのは0,5グラム(ティースプーン四分の一杯)と分量はとても少ないのですがその臭いや味それに喉に特有の刺激を感じる事によって食べにくいことで有名です。
ちなみにこの独特の刺激や味は新鮮な証拠なので問題はありません。
しかし乾かしたカプセルタイプや他の物と混ぜられた調合タイプよりも生で食べる方が栄養価的には上なのもまた有名です。
私も生タイプの方が体に良いとは知っているのですが、やはりその独特な味や臭いそれに喉に独特の刺激を感じる事が問題となってしまいました。
そこで生タイプのローヤルゼリーの食べ方を調べて試してみました。
生タイプはとても敏感で保存法法などにも気を遣わなくてはならない食品です。
まず、ローヤルゼリーと組み合わせて摂ってはいけないものなどの注意点ですが、
熱い物に入れてはいけません。
ハチミツを良くコーヒーや紅茶など熱い物に混ぜる事がありますし、これにも良さそうだなと思っても、大事な栄養素が壊れてしまいますのでこちらは絶対にしてはいけません。
他にも前後30分ほどはお茶、コーヒー、紅茶などは飲んではいけないそうです。
これはお茶などに含まれるタンニンが栄養の吸収を阻害してしまうおそれがあるからです。
さらに注意点ですが食べる時にスプーンや食器等を金属以外の物にしなければいけません。
これは金属に反応して酸化してしまうからだそうです。
私の知っているところではプラスチック製のスプーンや食器を使うのが一般的でした。
その独特な味や臭いで基本的になれるまではそのまま食べることは難しいですので私のお薦めとしまして、ヨーグルトに混ぜて食べる方法がオススメですこれによって独特な味や食感がかなり軽減出来て長く続けられました。
他に試した方法ですが凍らせたままシャーベットのように食べる方法というのがあります、これによって刺激がかなり軽減され、他に買う物もいらないのでとてもお手軽です。
後一つ、良く行われているのはハチミツと混ぜて食べる方法です、こちらも知人がとても良いと言っていたので私も試してみましたが、独特の刺激や臭いが緩和され美味しくいただけました。
その他のローヤルゼリーのおいしい食べ方はこちらを参考にしてください。
そして食べる方法以外にも大事なこととして保存方法があります。
一般的に二ヶ月以上食べることのない生タイプのローヤルゼリーは冷凍保存をしなければいけません。
解凍する時は冷蔵庫にて解凍して、そして普通に食べている分も必ず冷蔵保存しましょう。

Copyright(c) 2011 健康応援サイト All Rights Reserved.