ローヤルゼリーの魅力とは?
満足度の高い人気製品を実際に試してCHECK
製品の選び方などを説明します♪

ローヤルゼリーと蜂蜜との違い

私はローヤルゼリーを使っているのですが、知人に蜂蜜とは混ぜて食べるのは駄目だと言われました。
そのときは二つの物はほとんど同じ物じゃないのだろうかと思っていたので、それは何故なんだろうと思っていたのですが、この二つは全然違う物なんだそうです。
ローヤルゼリーと蜂蜜との違いは、まず働き蜂は花から蜂蜜と花粉を集めて巣に溜めます。
働き蜂が花粉を溜めて腸で吸収し体内で合成された物質を頭部にある咽頭線から分泌した物がローヤルゼリーになります。
色は乳白色のクリーム状で味は酸っぱくて刺激臭があります。
成分は糖質が10%であり、脂質、タンパク質がバランス良く含まれていて最高の栄養が詰まった自然食品と言われています。
これは巣の中でも女王蜂専用の特別食です。
人間の歴史に登場するのは古代ローマのアリストテレスの書いた動物史の中に濃厚で淡黄色の物質があると記述があるのが最初です。
花蜜を胃で消化し、ブドウ糖と果糖に分解した後口より巣房に戻され、これが熟成されてできあがったのが蜂蜜になります。
色は黄色がかかった半透明で味は甘いです。
成分は糖質が78%とほとんどをしめていて、これは働き蜂の食事です。
この栄養の違いが女王蜂と働き蜂の体格差や寿命の差に大きな影響を与えていると言われています。
これは女王蜂と将来女王蜂になる幼虫にしか与えられない特別な食事です。
将来女王蜂になる幼虫と言いましたが、実はどんな幼虫でも女王蜂になることができるのです。
女王蜂になる幼虫が特別なのではなく、特別な栄養素を与えられる幼虫が女王蜂になり大きく成長し子孫をどんどん残すようになるのです。
働き蜂の平均寿命が約一ヶ月なのに対して、女王蜂は二年から五年まで生きるのだそうです。
そして人間食べる場合ですがローヤルゼリーは独特な味と臭いがあり、さらに刺激があるので基本的に生タイプのまま食べるのが難しいんです。
最初から大丈夫な人や、慣れると大丈夫な人もいるのですが私は少し厳しかったです。
そこで生タイプを食べる方法という物が色々と作られているのですが、有名なのに凍らせてシャーベット状で食べたり、ヨーグルトに食べるのが有名な食べ方です。
そしてその食べ方の一つにハチミツと混ぜると言う食べ方があるのですが、この二つを混ぜて食べるとせっかくの栄養素を破壊してしまうのだそうです。
せっかく自然食品の中でも最高の栄養素が含まれているローヤルゼリーを取るのですから、ちゃんと吸収したいですよね、ですから混ぜて食べるのはやめておいた方が良いです。

トップに戻る